大橋運輸はお客様、社員、地域社会とのつながりを大切にする運輸会社です。

吉田恵美子

デジタコの活用状況に着目、データ活用の仕組みを大きく改善/吉田 恵美子/安全衛生推進室長/平成27年3月入社

下の子の小学校卒業が、自分の働き方について考え直す機会となり、長くやりがいを持って働ける会社に転職したいと考えるようになりました。とはいえ、まだ子供達中心の生活ですので、短時間で働ける会社を探していました。大橋運輸では、勤務時間の長短に関係なく仕事を任せてもらえるため、入社を希望しました。

現在は、安全課の仕事を中心にしています。ヒヤリハット報告書等を通して、社員の皆さんの安全意識向上や職場環境の改善に努めています。またデジタコのデータを分析し、ドライバーさんに安全運転を促しています。

デジタコデータについては、高い費用を掛けて各車両にデジタコを搭載していますが、あまり活用されておらず、デジタコのデータは信用できないとうい考えの方が多くみえました。確かに積荷の重さ、通行した道路状況等によってデータは左右されますが、速度やアイドリング時間など運転がそのままデータに表れるものもあります。

データだけではわからない部分にも注意を払いながら、安全運転をより確実にするため、デジタコデータの活用をさらに推進する必要性を感じました。そこで、毎月ドライバーさんにデジタコデータを記載した「グリーンシート」と呼ばれる個人用のシートをお渡しし、安全運転への意識を高めていただく仕組みを考えました。さらには、グリーンシートに走行距離も記載し、運転評価点の分析をよりしやすくする改善等も行いました。

本社で仕事をしているため、別の場所で働いていらっしゃるドライバーさん方とお話しする機会がなく、入社1年目は、実際の状況やドライバーさん方の意見を汲み取ることができないまま仕事をしておりましたので、各営業所での改善が進まず、悩むこともありました。
しかし、2年目になり、会議の場を利用して営業所の皆さんの意見をお聞きしたり、また安全課に新しく配属されたドライバー歴10年の篠原さんに、実際に見たり聞いたりしてきていただき、それを教えてもらうことで、様々な角度で物事を考えることができるようになり改善もはかどるようになりました。

クロストーク

PAGETOP
Copyright © Ohashi Transport. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.