大橋運輸はお客様、社員、地域社会とのつながりを大切にする運輸会社です。

業界を知る

国土交通省によると2015年の日本の物流事業全体の市場規模はおよそ26兆円。
生産者・メーカー・卸売り・小売り・消費者・物流事業者など多様な担い手が関与する日本経済社会にとって不可欠な産業です。この中でもトラック運送事業の市場規模は15兆6,126億円で、物流市場全体の約6割を占めています。


近年、国土交通省は、幹線輸送においてCO2排出原単位の大きなトラック輸送から、大量輸送が可能な鉄道や海運に輸送モードを転換する「モーダルシフト」を推進していますが、ドアトゥドアの利便性と時間を問わないフレキシブルなサービスを提供できるトラック輸送は、くらしと経済を支えるライフラインであり、自然災害などの際にも緊急・救援輸送など重要な役目を担います。


平成2年の貨物自動車運送事業法施行以降、事業参入時の免許制から許可制への変更などトラック運送事業の規制緩和によって新規参入事業者が急増し、20年間で1.5倍以上に増えています。しかしながら国内の貨物総輸送量はほぼ横ばいで、業界内での競争が激化しています。

またこの競争は人材獲得の場面でも起きています。
トラック運送事業は中高年層の男性労働力に依存する部分が大きく、若年層の就業者数は全体の約30%、女性の比率も18.4%にとどまっています。

この厳しい競争の中で、より良いサービスを提供し顧客満足度を高めるためには、社員が高いモチベーションを保ってサービスを提供することが重要です。
当社では「社員への想い」や「多様な働き方を知る」でご紹介する様々な社員満足度向上やダイバーシティ(多様な人材活用)の取組で、社員の皆さんが働きやすい労働環境を整備し、やる気を高めて頂くことでその持てる能力を存分に発揮し、お客様に常に最高のサービスをお届けできるように努めています。


クロストーク

PAGETOP
Copyright © Ohashi Transport. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.